スピリチュアル

無意識にしてませんか?

自己肯定感は低いまま

もしあなたが、自己肯定感が低いと感じているなら、知らず知らずのうちに自己肯定感を低いままにしているクセがあるかもしれません。それは、“謙遜”です。

誰かに褒められた時に、

「私はそんな素晴らしい人間ではありません」

「でも、私はこういうダメなところがあるんです」

といったような、自分を否定することを言っていませんか?

条件反射的にそうしたことを口にしているなら、そのクセを手放すことが、自己肯定感を高めることにつながります。

 

相手はあなたの魅力を素直に感じて、それを伝えてくれているのに、相手の言葉を否定したり、正面から受け止めなかったりすることは、相手に対して失礼な態度を取っていることになりますが、それはさておき、謙遜している時に、裏側の、自分の無意識の領域では何が起こっているのでしょうか。

「自分は素晴らしくない・自分はダメな人間」と言葉にすることで、そういった“価値のない状態である自分”を潜在意識に刷り込ませているのです。これをしていると、どこまでいっても自己肯定感は高まりません。

 

「謙遜しない」と「高慢」はイコールではない

以前の私がまさにそうだったのですが、「謙遜しないこと=高慢である」と思い込んでいました。でも謙遜しないことは、高慢であることには全く直結しないのです。

 

誰かに褒められた時は、「ありがとうございます。嬉しいです」と素直に喜ぶだけでいいのです。“ありがとう”や“嬉しい”という言葉は、とてもエネルギー(波動)が高いので、それを口にすることで、自分自身が満たされていきますし、自己肯定感も高まっていきます。

 

褒められた時に謙遜しないと、白い目で見られるかもしれないとか、皮肉やお世辞で褒められていたとしたら、呆れられると考えてしまうかもしれませんが、どちらも相手の問題です。あなたは、言葉がもつエネルギーに着目すべきで、波動の高い言葉を発することがとても大切なのです。自己肯定感を下げないためにも、へりくだる言葉を使わないことに意識を向けましょう。

 

また、相手を褒めた後に、あえて自分を卑下してしまうこともあるかもしれません。相手を高めるなら、相手の素晴らしいところを褒めるだけで十分で、わざわざそれに付け加えるようにして、へりくだる必要はないのです。

・自分が褒められた時は謙遜せずに素直に喜び、相手に御礼の気持ちを伝える。

・相手の素晴らしいところを褒め、自分を卑下する言葉は付け加えない。

こうすることで、自己肯定感が下がることはありません。謙遜のクセを手放すと、自己肯定感が少しずつ高まるのを感じることができるはずです。皆の自己肯定感が高まることで、ひいては社会の波動も高くなっていきます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日枝神社前のページ

自然と触れることの大切さ次のページ

関連記事

  1. スピリチュアル

    結婚と離婚のスピリチュアルな捉え方

    結婚・離婚は魂の「テーマ」次第誰しも例外なく、魂の成長や進化のため…

  2. スピリチュアル

    嘘偽りは通用しない

    それ、バレてますよ死んで肉体はなくなっても、魂はなくなりません。…

  3. スピリチュアル

    私の課題とゆるし

    今回は、私自身の体験を通して、“ゆるし”について考えてみたいと思います…

  4. スピリチュアル

    いつだって適齢期

    思い立ったが吉日好きなこと・気になることがあるのに、年齢を理由にし…

  5. スピリチュアル

    何かを手放すと新しいものが入ってくる

    いつの間にか執着になってる?何かを手放すと、それに代わる新しい何か…

  6. エネルギー

    手放すと新しいものが入ってくる(退職編)

    最大にして最強の執着私は現在、ライフコーチとして活動していますが、…

おすすめ記事

  1. 登録されている記事はございません。
  1. 登録されている記事はございません。
  1. スピリチュアル

    お墓参りについて思うこと
  2. よもやま話

    滝とパンケーキ
  3. スピリチュアル

    無意識にしてませんか?
  4. エネルギー

    今、必要なエネルギーは?
  5. 気ままな参拝記

    金劔宮
PAGE TOP