スピリチュアル

何かを手放すと新しいものが入ってくる

いつの間にか執着になってる?

何かを手放すと、それに代わる新しい何かが入ってきます。この“新しい何か”というのは、その人にとって “プラスになるもの” と捉えることができます。それは、手放したものが執着であることが多いからです。

 

多かれ少なかれ、誰でも何らかのこだわりをもっています。こだわりがあること自体は悪いことではないのですが、それが行き過ぎて執着になると、かえって自分を追い込んだり苦しめたりすることにもなりかねません。その対象となるのは、目に見える物や人だけでなく、価値観・判断基準など様々です。

 

一方で、執着が大きければ大きいほど、それを手放した時に引き換えに手にするものは、同じくらい大きいか、もしくはそれ以上に大きいということが言えます。執着はひとつの“意識”であるわけですが、執着の意識は自覚していなくても重くて大きいものが多いかもしれません。

 

“これは執着だった”と自ら気づいて手放せるといいのですが、時には半強制的に手放さざるを得ない状況になることもあります。手放した直後は落胆することがあっても、それはそれで「あなたにとって、これは不要なものだから手放しなさい」というメッセージである場合があります。

 

新しい何かを手にするためには

“両手一杯に何かを抱えていて、これ以上持てない”という状態では、そこで何か他に欲しいモノが出てきたとしても手にすることはできません。抱えているモノのうち、何かを放して手を空けなければなりません。

 

これは、エネルギーとしても同じです。理想とする自分や、変えたい現状があるとして、“今あるエネルギー”を手放さなければ、理想の自分に近づくために必要な新しいエネルギーが入る余地がありません。そして、“今あるエネルギー”というのが、今囲まれている物・人間関係といった環境や、観念・価値観といった意識になるのです。

 

私自身振り返ってみると、何かを手放したことにより、新たな別の何かが入ってきた経験としては、小さなことはたくさんありますが、大きいこととして、結婚生活とサラリーマンの2つがありました。

今度、それぞれのエピソードをお話したいと思います。

 

※アイキャッチ画像の床に掛けられている軸は、「行雲流水(こううんりゅうすい)」と書かれています。

行雲流水とは、“空を行く雲や流れる水のように、物ごとに深く執着せず、自然の成り行きに任せて行動するさま”を表現した言葉です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

大切な人だからこそ前のページ

手放すと新しいものが入ってくる(離婚編)次のページ

関連記事

  1. スピリチュアル

    守護霊からのサイン

    私が退職を決断するまでに、守護霊からのサインや後押しがあったエピソード…

  2. スピリチュアル

    今はわからなくても大丈夫です

    好きなことや興味のあることをするのは、自分自身を大切にすることでもあり…

  3. スピリチュアル

    手放すと新しいものが入ってくる(退職編)

    最大にして最強の執着私は現在、ライフコーチとして活動していますが、…

  4. スピリチュアル

    サイキックリーディングにまつわる話

    問題は起きる私たち魂は、成長のために生まれてきているので、生きてい…

  5. スピリチュアル

    才能や能力にまつわる話

    「不要」か「時期尚早」のどちらか私たちは、自分にできないことがある…

  6. スピリチュアル

    無意識にしてませんか?

    自己肯定感は低いままもしあなたが、自己肯定感が低いと感じているなら…

おすすめ記事

  1. 登録されている記事はございません。
  1. 登録されている記事はございません。
  1. ライフストーリー

    幼少期の衝撃経験
  2. スピリチュアル

    子育ての悩みに対するサイン
  3. 気ままな参拝記

    伊勢神宮②
  4. エネルギー

    結婚と離婚のスピリチュアルな捉え方
  5. エネルギー

    とても強力で太刀打ちできません
PAGE TOP