スピリチュアル

それ、”習得できなくていい”のかもしれません

別の学びや気づきがある

前回お伝えした「才能や能力」にも関連がありますが、あなたが “習得した何か” は、スピリチュアルの視点では、“それを授かった”と考えることもできます。もちろん習得自体は、本人の努力の賜物ですが、取り組みさえすれば何でも身につくとか、自分の思い描くレベルに到達するわけではないことは、皆さんも身に覚えがあるのではないでしょうか。

もし仮に、何かに取り組んで満足のいく結果にならなかったとしても、それに対してネガティブに捉える必要は一切なく、身につかなかったことは案外、「あってもなくても、どちらでもそれほど影響しないこと」だったりするし、そもそもその「身につかなかったことを経験すること」自体が、その人の魂の成長に必要だったりします。

 

私たちは、つい成果を求めてしまいがちなところがあり、「一度取り組んだら、結果として形にしないといけない」と思ってしまうこともありますが、実はこれは観念です。そして、場合によっては、一度始めたことを途中で投げ出してはならないと自分を追い込み、それを手放せずに苦しんでしまう場合すらあります。

 

「これは自分には合っていない(向いていない)ことがわかった」とか、「気乗りしないことを、誰かの意向によって始めても身につかない」といったことや、「それをしている時が自分らしいし、楽しいから、スペシャリストにならなくてもいい」ということを、経験を通して学んだり、気づいたりしているのです。

ただし、人によっては本人の意思ではなく、親の意向や友達に付き合う形で始めたことがきっかけで、その分野で活躍するまでのレベルになるケースがありますが、きっかけはそれほど重要ではありません。活躍をすることで多くの人の希望や光になる、というシナリオを本人の魂が描いていることが多いです。

 

取り組むこと自体に、魂の喜びが隠されている場合も

私は幼少期から今日に至るまで、いくつか習いごとをしています。幼少期の習いごとは水泳と英会話、大人になってからは料理です。幼少期に習いごとを始めたきっかけは、母の意向ですが、私が全く乗り気でなかったこともあり、結局どちらも習得することはありませんでした。私は未だに泳げませんし、英語も話せませんが、これまで困ったことは一度もありません。料理だって、相変わらず手際はよくないし、手の込んだものは一切作れませんが、料理の腕を仕事にしていくわけでもなければ、誰かをもてなさなければならない場面もないので、こちらも困った状況になったことはありません。

 

何かを習得し、それを活かすことが、魂の描くシナリオに含まれていないなら、何かに取り組むことそれ自体が必要な経験であり、そこから学びや気づきが得られる、そこに魂にとっての喜びがあります。

 

どうしても習得できないことがあって、それに対してモヤモヤした思いを抱えているとしたら、本来必要のないことにエネルギーを注ぎ込んでいるかもしれませんし、あるいは、考え方・向き合い方が誤っていることに気づけていないのかもしれません。

いずれにしろ、“習得できない”という状況があるとしたら、何かに気づくサインである可能性が高いです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

才能や能力にまつわる話前のページ

日枝神社次のページ

関連記事

  1. スピリチュアル

    なぜ囚われるのか

    そこにあるものは…誰しも心の中に棘のように刺さってなかなか外れない…

  2. スピリチュアル

    過去世を知ることは重要?

    過去世を知る目的は何か?“過去世で誰だったのか”とか、“どんな過去…

  3. スピリチュアル

    義両親とのスピリチュアルな話

    私たち人間は、“肉体を持った魂”です。一方で、 “肉体を持っていない魂…

  4. スピリチュアル

    スピリチュアルな親子関係

    「ありえない!!」その気持ちわかりますスピリチュアルでは、“子ども…

  5. スピリチュアル

    無意識にしてませんか?

    自己肯定感は低いままもしあなたが、自己肯定感が低いと感じているなら…

  6. スピリチュアル

    打上花火と慰霊鎮魂

    各地で花火大会がたけなわです。夏の風物詩・花火。今ではイベントのイメー…

おすすめ記事

  1. 登録されている記事はございません。
  1. 登録されている記事はございません。
  1. スピリチュアル

    嘘偽りは通用しない
  2. 気ままな参拝記

    彌彦神社
  3. 気ままな参拝記

    白山比咩神社
  4. 気ままな参拝記

    伊勢神宮②
  5. よもやま話

    青森旅②
PAGE TOP