気ままな参拝記

伊佐須美神社

目に見える姿形より大切なもの

郡山から晴天の猪苗代湖を抜けて会津盆地に到着すると、雲が低く垂れ込めていましたが、伊佐須美神社に近づくにつれて薄日が差してきて、本殿で参拝している間に雲は消えて、澄んだ青空が広がってきました。

 

会津の総鎮守であり、八方除東北総鎮護の伊佐須美神社。境内の入口で、鮮やかな赤色をした大きな鳥居が迎えてくれます。その先にまっすぐに延びる参道は、奥に建つ楼門まで見通せます。

楼門まで来ると、社殿の全景が見えてきます。社殿はコンパクトな造りで、ここはそうしたお社なのだと思ったのですが、もともとの本殿は、2008年10月に火災で焼失していて、現在の社殿は仮殿だそうです。社殿は御祭神を祀る場所ではありますが、社殿が焼失したとしても、御祭神は変わらずにこの地におられて、ここで暮らす人々を変わらずに見守り続けてくださっています。

私たちは、荘厳な造りや社殿の歴史に目が行きがちで、そこに趣や有り難みを感じることもありますが、社殿は傷みが進めば建て替えますし、場合によっては火災で焼失することもあるでしょう。目に見えているものがすべてではない、ということを改めて思い起こさせてくれた気がしました。

 

左右参道の末社は落ち着いた雰囲気

参道は正面のほか、社殿の左右にも延びていて、異なった表情を見せてくれています。左右の参道には、途中に境内社が静かに佇んでいました。

すぐ近くを流れる宮川の川沿いの道から、まっすぐに社殿に向かって延びる参道は、人の手が入っていない社叢に面しており、舗装されていないこともあって、自然の雰囲気が味わえます。途中には会津大国魂神社が鎮座しています。

街道側に延びる参道はクランク状(桝形)になっていて、白山神社が佇む場所は陽が射し込み、鳥のさえずりが心地よかったです。

境内と道を一本隔てた向かいに外苑のあやめ苑が広がっていて、参拝者の駐車場がその一角にあるため、境内を訪れる人はすぐ目の前の正面参道を利用することから、左右の参道はひっそりしているものの、その分、御神氣をよりはっきりと感じられました。

 

参拝後は、あやめ苑を散策しました。季節的にあやめは咲いていませんが、穏やかな秋の陽が降り注ぐ苑内に配された池には、鯉やカモのほか人馴れした白鳥までいて、参拝を終えてホッとした気持ちを優しく包んでくれました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

親と子、双方の学び(私の実例)前のページ

”勘違い”してませんか?次のページ

関連記事

  1. 気ままな参拝記

    伊勢神宮②

    早朝の内宮一夜明けると、伊勢地方は前日と打って変わって、風のない穏…

  2. 気ままな参拝記

    鞍馬山 鞍馬寺

    夏至の鞍馬寺夏至は大抵、梅雨の真只中に訪れるので、ともすると一日雨…

  3. 気ままな参拝記

    神田神社(神田明神)

    雨上がりの参拝JR御茶ノ水駅で下車。神田神社へは、改札が「聖橋口」…

  4. 気ままな参拝記

    日枝神社

    皇居の守り神は、国会議事堂も至近日枝神社には3つの参道がありますが…

  5. 気ままな参拝記

    大山祇神社

    今回の広島旅は2泊3日で、過去世にまつわる呉を訪れ、尾道を観光しました…

  6. 気ままな参拝記

    氣多大社

    参拝旅の締めくくり駐車場に到着して車から降りると、海が近いこともあ…

おすすめ記事

  1. 登録されている記事はございません。
  1. 登録されている記事はございません。
  1. エネルギー

    言葉と健康
  2. 気ままな参拝記

    伊佐須美神社
  3. スピリチュアル

    過去世とつながる
  4. スピリチュアル

    何かを手放すと新しいものが入ってくる
  5. 気ままな参拝記

    十和田神社
PAGE TOP